田津原理音が消えた理由とは?R-1優勝したけど仕事がないのは本当?

ピン芸人の田津原理音さんは紙芝居ネタや映像ネタをやられていて面白い芸人さんの一人ですね。

2023年のR-1優勝したので、毎日忙しくしてるんだろうなと思いますよね。

M-1優勝すると仕事がものすごく増えるのはよく聞くのでR-1も優勝すると忙しいと思うのですが・・・あまり見ないような気がするのは自分だけかな?

そこで、田津原理音が消えた理由とは?R-1優勝したけど仕事がないのは本当?についてお伝えします。

スポンサーリンク
目次

田津原理音が消えた理由とは?

消える山

ネットでも田津原理音さんを見ないと噂になっていますね。

出典:Twitter

ピン芸人のショーレースでお馴染みのR-1グランプリで2023年に優勝されたのでかなり忙しくなると予想しますよね。

なのに、見ないという噂が立ってしまうのは何か理由があるかもしれません。

実際に調べてみた所2つ理由がありました。

「ゆうドキッ!」を卒業

奈良テレビ放送で金曜レギュラー「ゆうドキッ!」(2019年10月4日 – 2021年3月19日)を卒業されたからだと思います。

出典:Twitter

レギュラーで出演していたのが「ゆうドキッ!」だけのようだったので約2年間出ていたのでいなくなると、消えてしまったのかと思いやすいですね。

R-1は夢がない

R-1優勝後のコメントでも消えた理由がありました。

ウエストランドの井口さんが「R-1は夢がない」と言ったことに関して田津原理音さんがコメントしています。

お察しの通り、すごいプレッシャーです(笑)。スターにならないと! でも僕って大阪では「銀河一平場が弱い」「地球の言葉しゃべれない宇宙人より平場が弱い」と言われてるんですよ。今後はテレビで活躍できるようにがんばっていきたいです。(記者に向かって)本当にわからないことだらけなので、いろいろ教えてください! たぶん相談とかさせていただくので、優しく教えてください!

引用元:お笑いナタリー

平場が弱いとは、一言でいうとフリートークが苦手という事なので、今後バラエティー番組に出演する機会があって芸人さんとして爪痕を残して帰らないと次回呼ばれないことがあるみたいです。

平場が弱いと公言してしまうと、番組として面白さがなくなるので、呼ばれなくなり消えていくという事になってしまいます。

スポンサーリンク

田津原理音R-1優勝したけど仕事がないのは本当?

パソコン

ネットでも田津原理音R-1優勝したのに全く見ないと噂になっています。

出典:Twitter

R-1優勝してから全く見ないという事は干されたという事???

R-1優勝してもあまり売れないみたいな事も噂には聞いたことありますが実際の所どうなのでしょう。

調べてみた所R-1後も活躍されていますね。

田津原理音作品展「どんな人生。」

出典:Twitter

ネタで使われた、フリップやカードが展示されているようですね。

芸人さんというより画家さんみたいですね!

祝R-1グランプリ優勝絶景!珍景!?田津原理音のザ・激写コレクション 

https://twitter.com/chirurobekkan/status/1673015570269360129
出典:Twitter

水中で撮影したり、カードネタの【炎を纏(まと)いし男】が実在するとの情報で海外に行って色々な写真を撮ったみたいですね。

よしもと幕張イオンモール劇場

出典:Twitter

ネタや田津原理音さんに質問するライブがあったようで私生活からR-1優勝の質問などあったのではないでしょうか。

1時50分気づきはスローでイージーなルーティーンで

出典:Twitter

見取り図さんがMCを務める番組にゲストで呼ばれました。

吉本興業では見取り図さんが先輩なので、吉本興業ならではの裏話とかされたのではないでしょうか。

R-1優勝してから、TV出演や劇場、個展など幅広く活躍されていますので仕事はかなりあると考えられますね。

今後も活躍してMCをするかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

田津原理音が消えた理由とは?R-1優勝したけど仕事がないのは本当?についてお伝えしました。

田津原理音が消えた理由とは?について、レギュラーで出演していたのが「ゆうドキッ!」の卒業、フリートークが苦手でバラエティー番組に呼ばれなくなり消えたと考えられます。

田津原理音R-1優勝したけど仕事がないのは本当?について、R-1優勝してから、TV出演や劇場、個展など幅広く活躍されていますので仕事はかなりあると考えられますね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次